札幌 民泊・マンション型ホテルの運用 株式会社ベストステイ札幌

民泊・無人ホテル投資の入口から出口まで

民泊・無人ホテル投資の入口から出口まで

民泊・無人ホテル投資の入口から出口まで
入口は「民泊・無人ホテル事業を始めること」で共通しているが、出口は「民泊・無人ホテル事業をやめて一般賃貸として再募集をすること」と
「利回り商品として売却もしくは実需商品として売却」と大きく分かれます。
民泊・無人ホテルを行う際には、自然災害や海外情勢に左右される(以後、クラッシュと呼ぶ)ことも収益試算に盛り込むことを考えるが望ましく、
さらに出口戦略として「逆転用(一般賃貸に戻すこと)」も考えなければなりません。ただ、注意しなければならないポイントは同じであり、
以下の通りです。
初期投資をかけ過ぎないこと
・過剰な造作等に伴う初期投資は、稼働後の損益を圧迫するだけではなく、利回りや売却益にも影響が出る。
・競争激化やクラッシュの価格変動に対応出来る収益計算にしなければならない。
過剰な造作は避ける
宿泊施設とマンスリーマンションでは求められる装飾や設備が違うため、ハイブリッド運用を行うにはその差が大きくなりすぎないようにする
新型コロナウィルスで学んだ教訓を生かし、長期に渡り観光業では収益が見込めない場合に、すぐにマンスリーマンションや
リモートワーク(落ち着いて仕事が出来る環境)として提供出来るのか、もしくはすぐに一般賃貸として再募集出来る準備をしておく
株式会社ベストステイ札幌では、民泊・無人ホテル運用の運営代行、企画だけではなく出口戦略も熟考した上でサービスの提供や
アイデアのご提案を致します。

 

 

▶ 弊社へのお問い合わせ